(株)グレープシステム ホームページ
トップ > 製品情報 > コード関連 > 音声コード > データプリント用音声コードUni-Voice(ユニボイス)作成システム

データプリント用音声コードUni-Voice(ユニボイス)作成システム

GR-ADK II

GR-ADK IIは、「音声コードUni-Voice(ユニボイス)」の日本語「文書コード」をイメージデータ(ビットマップ)として、データプリント用に、一度で大量(数万件等)に作成するWindowsソフトウェアです。
固定文字列と個人情報等の可変文字列を組み合わせて文字列を作成し、「音声コードUni-Voice」を作成します。(作成の流れ参照)
主に印刷会社様にて、ねんきん定期便、マイナンバー関連文書、各保険会社様帳票等用に使用されております。

※「音声コードUni-Voice」は特定非営利活動法人日本視覚障がい情報普及支援協会(JAVIS:ジャビス)が開発した2次元コードです。

カタログ ダウンロード

概要

本製品では、SJIS/CSVフォーマットの対象データを入力とし、文字編集を行い、「音声コードUni-Voice」の日本語「文書コード」イメージデータを600または720dpi用で作成します。同時に、作成したコードイメージを一旦デコードし、出力された文章文字列と基となる文章文字列の比較を行います。

※ 音声文字列編集技術は、グレープシステムの特許登録技術です。

データベースサーバから、対象データをGR-ADKⅡに携帯電話対応音声コードイメージデータファイルを作成・出力します

特長

モジュール構成

GR-ADK IIは、以下の5モジュールで構成されます。

GR-ADKⅡモジュール図

USBドングル
USBドングル

USBドングル内のカウンタが少なくなった場合は、カウンタを追加することが可能です。
カウンタはファイルにてご提供します。
また、カウンタは50万件単位で販売いたします。(最小ロット50万件)

「音声コードUni-Voice」作成の流れ

  • 固定文字列(テキストファイル)
    txtファイル
  • 可変文字列(入力ファイル)
    csvファイル
  • FillIn("この文書は、[生年元号][生年]年[生年月]月[生年日]日生まれ、のお客様にお送りしたもので、・・・

  • 生年元号生年生年月生年日
    昭和 43 2 1

    令和

    3 12 5
    平成 5 8 13

音声文字列の編集

この文書は、昭和43年2月1日生まれ、のお客様にお送りしたもので、・・・

この文書は、令和3年12月5日生まれ、のお客様にお送りしたもので、・・・

この文書は、平成5年8月13日生まれ、のお客様にお送りしたもので、・・・

  • 「音声コードUni-Voice」の作成
  • 作成したコード

  • 作成したコードを一度デコードして
    音声文字列と比較する

    動作環境

    GR-ADK II 実行時は、.Net Framework 2.0 または、3.5.1が必要です。
    項目 条件
    CPU 2.5GB以上
    メモリ 2GB以上
    HDD OS/システム用:250GB以上
    「音声コードUni-Voice」イメージ出力用:50GB以上
    ※ 「音声コードUni-Voice」イメージ出力用は、SATA2のSSDもしくは、7200rpm以上のHDDを推奨
    Ether 100BASE-TX以上
    1000BASE-T推奨
    ※「音声コードUni-Voice」イメージ出力用ドライブをネットワーク共有する場合
    USB USB2.0以上
    カウンターファイルドングル用
    USB USB2.0以上
    ※「音声コードUni-Voice」イメージ出力用ドライブを外付けする場合
    対応OS Windows Server2008/ 7/ 8/ 10/ Server2008x64/ 7x64/ 8x64/ 10x64/
    Server2008 R2/ Server2012 R2/ Server2016

    ※ 製品の仕様は予告なく変更する場合があります。
    ※ Windows は米国マイクロソフト社の商標です。

    カタログ ダウンロード

    お問い合わせフォーム

    フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

    恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

    ページのトップへ戻る