(株)グレープシステム ホームページ
トップ > 製品情報 > オープンソース > OSSのソースコードライセンス管理

OSSのソースコードライセンス管理

FOSSID

FOSSIDは、オープンソースのソースコードライセンス管理のためのソフトウェアソリューションです。パッケージマニフェストで宣言されていなくても、オープンソースコンポーネントと対応したライセンスをコードベースで検出します。FOSSIDは、市場で最速なオープンソースナレッジベースにより、最先端のスキャンエンジンとして、ほとんどのオープンソースをはっきりと識別できます。フォルダ、ライブラリ、アーカイブ、バイナリなど、コンポーネントの出所をすばやく特定することで、時間の無駄を省き、レポートを調査する時間を大幅に節約できます。

ホワイトペーパー公開中!

OSS ソースコードライセンス管理ツール「FOSSID」を開発するFOSSID社から新たなホワイトペーパーが届きました。本ページ右側のバナーからダウンロードいただけます。

  • 1. コンプライアンスを制する者はソフトウェアを制す
  • 2. ソフトウェア業界におけるオープンソースコンプライアンス関連の4つの課題
  • 3. ソースコードスニペット検出能力を考慮する必要がある理由とは?

※ スマホ、タブレットでをご利用の場合は、ページ下部までスクロールし、[ホワイトペーパー]をタップすると、ダウンロードいただけます。

カタログ ダウンロード

特長

機能

カタログ ダウンロード

お問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

ホワイトペーパー

ページのトップへ戻る