組み込み・プリント・通信ネットワーク・製品販売・受託開発の株式会社グレープシステム|横浜・盛岡・大阪

株式会社グレープシステム

ソースコード検査ツール

オープンソースコード 検査ツール

Protex ライセンス違反 検査ツール Protexライセンス違反検査ツール カタログダウンロード

オープンソースのライセンス違反を検査します!
コードチェックの必要性から生まれたのが、米国 Black Duck Software 社が提供するライセンス違反検査ツール「Protex」 です。

概要

ソフトウェア開発を第三者に委託し、その開発にLinuxなどのオープンソースを利用する企業が年々、増加しています。 開発にオープンソースを利用すると、
(1) 製品出荷(Time to Market)の短縮 (2) 製品性能の向上、(3) 開発コストの削減
といった利点がある一方で、オープンソースには「すべてのソースコードの公開」といったライセンスに伴う義務の遂行があったり、GPLライセンス違反などの訴訟問題にまで発展しかねないものもあり、開発者は複雑な知的財産権(IP)の管理が必要になります。

特に、リソースのアウトソースやオフショアプロジェクトでは管理が困難になり、IP混入問題が顕著になる傾向にあります。このように、Linuxの利用、サードパーティの商用ソースコードの利用、オフショアを含むソースコードの外部委託開発などの要素から、コードチェックの必要性は近年、急速に高まっています。

そんなコードチェックの必要性から生まれたのが、米国 Black Duck Software 社が提供するライセンス違反検査ツール 「Protex」です。

この製品を利用することにより、オープンソースを使用する際にかかえる様々な課題を解決することができます。使用顧客には、SAP社、ORACLE社、Intel社、NECグループなどの大企業から中小企業に至るまで、世界中で20カ国、640社以上に渡り、オープンソース使用のプロジェクト開発に使われ役立っています。

この製品を利用したサービスはこちら
ライセンス違反検査サービス
特長

この製品は以下のような形態で販売されております。

BDS の所有する世界最大のオープンソースの知財権に関するデータベースへのアクセスを許可
一年ごとのサブスクリプション契約
検査後のプログラム変更に関するコンサルティング・受託作業等
(別料金となります)
海外でのアウトソース開発も安心
当社では、この製品を活用した検査サービスをお請けしています
お気軽にご相談ください。
機能

充実した機能の開発キットで、マーケットニーズの高い PDF アプリケーションを短期間で開発することが可能です。

プログレッシブ プロセッシング
いつでもレンダリング機能に割り込みをかけることができ、アプリケーションの応答性を維持して、ユーザーの操作性を向上させることができます。
メモリ管理
低消費メモリのみならず、キャッシュを効率的に使用し、ビューアへの高速な PDF ページの表示を実現します。
特に、ページが多くサイズの大きい PDF ファイルで効果的です。
アウトオブメモリ制御
メモリ領域不足を検出した場合、SDK はこの状態をして処理を続行することができます。
開発者はアプリケーションをクラッシュさせることなく正常に復元させることができます。
フル機能、高水準レンダリング
透過画像、スムースシェーディング、ダッシュパターン、フォントの埋め込み等をサポートしています。
PDF リフロー
PDFのページコンテンツをページ全面に自動的に再配置して、小さな画面のデバイスでも読みやすいように表示します。
強力なエンドユーザー機能
全文検索、しおりの追加・削除・編集、テキストハイライト、鉛筆ツール、ノート注釈など、ユーザーツールとしてきめ細かい機能を開発できます。

<オプションモジュール>

注釈
Annotation module により、ユーザは注釈を PDF の一部として保存することができます。
アプリケーション層の上に重ねたレイヤーとして保存されます。
PDF フォーム入力とデータ収集
PDF Form module により、ユーザは PDF フォームへの入力が可能です。
感圧式デジタルインク (タッチパネル)
Pressure Sensitive Digital Ink module により、ユーザの画面上での繊細な指の圧力を読み取って、書き込みや描画を行うことができます。
電子署名
Digital Signature module により、サードパーティ製の電子署名を使用したPDFドキュメントの署名が可能です。また、電子署名されたPDF ドキュメントを検証することができます。
セキュリティ
Security Encryption/Decryption module は、開発者にPDF ドキュメントを、SDK 側で、PDF のセキュリティの設定ができます、これにより既存の Digital Rights Management (DRM) ソリューションに統合するための機能を提供します。

※製品の仕様は予告なく変更する場合があります。
※製品名は各メーカーの商標または登録商標です。

弊社製品・事業に関するお問い合わせ、開発のご依頼、お見積りなどはお気軽にお問い合わせください。
TEL:045-222-3761  MAIL:メールアドレス:セールス@info.grape.co.jp お問い合わせフォームはこちら