ThreadX 組み込み RTOS ミドルウェア セキュリティ ソースコード販売の株式会社グレープシステム|横浜・盛岡・大阪

株式会社グレープシステム

組み込みリアルタイムOS(RTOS)

規格認定情報

ThreadXThreadX-μITRON

多くの機能安全規格に対応するリアルタイムOS 「ThreadX」
MISRA にも準拠しています。

概要
MISRA

MISRA に準拠

世界中に数多くの製品を産み出した高速なリアルタイムOS 「ThreadX」に、 MISRA-C:2004 と MISRA-C:2012 への準拠が認められました。MISRA CはMISRA (Motor Industry Software Reliability Association)が開発したC言語のためのソフトウェア設計標準規格で、C言語で記述する組み込みシステムで、安全性と可搬性(移植性)と信頼性を確保することを目的としており、宇宙、通信、医療機器、防衛、鉄道等の機能安全のアプリケーションに適用できるものとして広く業界に認知されています。
iso

ISO26262 に準拠

「ThreadX」は、車載電子システム向けの国際的な機能安全規格でもあるISO26262に適合したツールでもあります。 ISO26262では、ソフトウェアツールに対して信頼性評価指標を定めており、その指標に適合すると認められたツールが開発に使用できるとしています。
tuv

TUV の認定

ThreadXはSGS TUV SaarからIEC-61508、IEC-62304、ISO26262に関して機能安全基準に適合しているという認定を受けました。この認定により「ThreadX」が、電気、電子、プログラマブル電子安全管理システムの機能安全に関してIEC-61508、IEC-62304、ISO26262という 最高リスクレベルでの安全性関連ソフトの開発に使用できることが確認されています。

UL 規格に準拠

「ThreadX」は、UL規格のプログラマブル部品におけるソフトウェアの安全規格の適合に関して、60730-1 Annex H、CSA E60730-1 Annex H、IEC 60730-1 Annex H、UL 60335-1 Annex R、IEC 60335-1 Annex R、UL 1998で認定されました。 IEC/UL 60730-1規格では別紙Hに「ソフトウェアを使う制御」に関する要求がありますが、IEC 60335-1規格では、別紙Rで「プログラ マブル電子回路」に関する要求を定めています。IEC 60730 別紙Hと IEC 60335-1別紙Rでは、洗濯機、食器洗い機、乾燥機、冷蔵庫、冷凍庫、オーブンなどで使用されるMCUハードウェアとソフトウェアの安全性について定めています。 UL1998創立上でのプログラマブル部品におけるソフトの安全性を追 求する追加要求は、いまやUL 60730/60335規格の最新版にも追加され、「ThreadX」は、この新しい要求にあう最初のリアルタイムOSといえます。

※製品の仕様は予告なく変更する場合があります。
※製品名は各メーカーの商標または登録商標です。

弊社製品・事業に関するお問い合わせ、開発のご依頼、お見積りなどはお気軽にお問い合わせください。
TEL:045-222-3761  MAIL:メールアドレス:セールス@info.grape.co.jp お問い合わせフォームはこちら