ThreadX 組み込み RTOS ミドルウェア セキュリティ ソースコード販売の株式会社グレープシステム|横浜・盛岡・大阪

株式会社グレープシステム

組み込みリアルタイムOS(RTOS)

ThreadX用 ネットワークプロトコル

NetXNetX DUO

「NetX」は「ThreadX」対応の高速なTCP/IPです。

概要
IPv6

「NetX」はIPv4対応のTCP/IPで「NetX Duo」はIPv4とIPv6の両方に対応したデュアルスタックの製品です。
どちらもExpress Logic社製で「ThreadX」と完全に統合されておりますので「ThreadX」がサポートする全てのプロセッサで利用可能です。

「NetX」、「NetX Duo」には、オプションにてFTP、HTTP などの様々な上位プロトコルがご用意されており、お客様の用途に合わせて迅速に製品開発を行うことができます。

上位ネットワークプロトコル(オプション製品)

AutoIP DHCP Client / Server
DNS Client FTP Client / Server
HTTP Client / Server NAT(※NetX Duoのみ対応)
POP3 Client / Server PPP
SMTP Client / Server SNMP v1,2,3 Agent
SNTP Client Telnet Client / Server
TFTP Client / Server IP sec for NetX Duo
ITRON TCP/IP BSD 互換ソケットレイヤー

上位プロトコルは組み込み製品であるために機能が限定される場合がございます。
仕様については、ご購入前に必ずご確認ください。

特長

「NetX」には以下のような特長があります。

ゼロコピーAPIによるレスポンスの速さ
伝送データとユーザーバッファとの入出力のために消費するプロセッサパワーを軽減することにより、伝送時の入出力において高いパフォーマンスを得ることができます。
Piconet™ アーキテクチャによる高速実行
Piconet™と呼ばれる独自のアーキテクチャを使用して、パケット処理の過程で実行される多くの関数から生じるパフォーマンスの低下を避けるために、それぞれの関数を実行するためのレイヤーを最小限にして、各プロトコル間に柔軟性を持たせることで、パフォーマンスを最優先に考えた高速実行を実現します。
小さなフットプリント
「NetX」、「NetX Duo」はCライブラリーとして実装され、そのサイズは使用時の機能に応じて自動的に変わります。「ThreadX」同様、最終的には利用するライブラリーをリンクするのでアプリケーションは大変コンパクトになります。 「NetX」での各モジュールのコードサイズは以下のとおりです。
モジュール コードサイズ
Transmission Control Protocol (TCP) 9.0KB
Internet Protocol (IP) 2.6KB
Internet Control Message Protocol (ICMP) 1.2KB
Internet Group Management Protocol (IGMP) 1.0KB
Address Resolution Protocol (ARP) 1.6KB
Reverse Address Resolution Protocol (RARP) 0.7KB
User Datagram Protocol (UDP) 3.4KB
Packet 0.8KB
UDP Socket 116 bytes
TCP Socket 228 bytes
柔軟なパケットプール管理
複数のメモリ領域にパケットプールをいくつでも作成することができます。
これらのゼロコピー・パケットは、同じプールにあるパケットや、更に大きなペイロードを確保するために別のプールからのパケットともリンクされます。
使いやすいAPI
直観的、機能的なAPI を取りそろえております。「NetX Duo」では、わかりやすい名称の「NetX」と完全な互換性のあるAPIを提供しています。
ヘッダーファイルをアプリにインクルードしてそのオブジェクトを本製品のライブラリーにリンクするだけで、簡単に実行モジュールが実現できます。
API
「ThreadX」が動作するすべてのプロセッサ上で動作可能
NetX
「ThreadX」の対応プロセッサ一覧はこちら 
Cortex-M4 ユーザーに耳寄りな情報
Freescale社のCortex-M4ベースのKinetisで、RTOS「ThreadX」とTCP/IPスタック「NetX」を使用して回線速度を計測したところ、ワイヤースピードの94%である94Mbpsという高速な数値が計測されました。 
またSTMicroelectronics 社のCortex-M3ベースのSTM32F207およびSTM32F217でも同様の回線速度が計測されました。
「NetX」は、この数値を50%以下のプロセッササイクル負荷で実現しており、ネットワークのパフォーマンスを落とさずに他の機能を動作させることが可能です。Kinetisのほかにも「ThreadX」は、各社のCortex-M3/M4プラットフォームに対応しています。
詳細はこちら
BSD互換ソケットレイヤーを提供
Jumbo Frameにも対応
「NetX Duo」はPhase-II IPv6 Ready Logo取得済み

弊社製品・事業に関するお問い合わせ、開発のご依頼、お見積りなどはお気軽にお問い合わせください。
TEL:045-222-3761  MAIL:メールアドレス:セールス@info.grape.co.jp お問い合わせフォームはこちら

※製品の仕様は予告なく変更する場合があります。
※製品名は各メーカーの商標または登録商標です。