ThreadX 組み込み RTOS ミドルウェア セキュリティ ソースコード販売の株式会社グレープシステム|横浜・盛岡・大阪

株式会社グレープシステム

組み込みリアルタイムOS(RTOS)

GUI開発ツール

GUIXGUIX STUDIO

「GUIX」は、組み込み用のGUI開発ツールです。
「GUIX Studio」は、UI画面作成のための画面デザイン環境を提供します。

GUI開発ツール GUIXGUIX

概要
「GUIX」は、Express Logic社が開発した、パソコン上で簡単に画面設計ができるパフォーマンスの良い、組み込み用GUI開発ツールです。 UIライブラリと、パソコン上で画面開発を行う「GUIX Studio」で構成されています。 「ThreadX」と完全に統合されており、「ThreadX」同様、数多くのプロセッサに対応しています。 また、フットプリントも小さく、組み込みアプリケーションに最適なGUI開発ツールです。 ハードウェアを制限されながら、ダイナミックユーザーインターフェースへの高まる要求に沿うよう設計されているので、 お客様が目指す最適なユーザーインターフェースの開発ができます。 他の「ThreadX」製品同様「GUIX」は完全な ANSI C ソースコードで販売され、ロイヤリティは必要ありません。
小さなフットプリント(6KB程度)
ANSI Cで記述されたソースコード提供
ThreadX(-μITRON)との高い親和性
ロイヤリティフリー
日本語マニュアル・サポート対応
特長
「GUIX」には以下のような特長があります。
コンパクトで自動スケールのコードサイズ
「GUIX」はCライブラリーとして実装されます。最終的に利用する機能だけをアプリケーションとリンクするため、アプリが使用する機能だけが最終的なイメージとなり、フットプリントは、ほとんどのプロセッサで6KB程度(命令エリアサイズ: 6-40K)とコンパクトなものになります。
注)バイト数は開発環境によって多少変化しますので、詳細は、弊社営業までお問い合わせください。
使いやすいAPI
「GUIX」のAPI(サービス)は、他の「ThreadX」製品同様、サービス名が実際の用語からできており直感的に認識できる機能的なものとして実装されています。 アプリケーションは gx_api.hファイルをインクルードして、オブジェクトを「GUIX」のCライブラリーとリンクさせることで簡単に作成できます。
パフォーマンスの良さ
「GUIX」を使えば、関数コールは最小限となり、クリッピングや描画、イベントハンドリングなどは最適化されます。これらの属性がすべて「GUIX」を非常に高速なものにします。
ディスプレイ技術との統合が簡単
「GUIX」は、仮想的にどのようなディスプレイ技術とも簡単に統合でき、カスタムディスプレイドライバの作成は、受託開発にてお引き受けいたします。
滑らかなユーザインタフェース
「GUIX」は、滑らかなユーザインタフェースを作り出す機能を備えています。標準パッケージには、以下のような医療系のサンプルを含む、様々なサンプルが含まれていています。
滑らかなユーザーインターフェース
その他の着目点
  • 当社による迅速な技術サポート(定期的にセミナー・トレーニングを実施)
  • アルファブレンディングとアンチエリアスに対応
  • ビューポートやZオーダーメンテナンスを含む完全なウィンドウ対応
  • ウィンドウブレンドやフェード、スプライト、ダイナミックアニメーションにも対応
  • 複数キャンバスや複数の物理ディスプレイを統合サポート
  • タッチスクリーン、マウス、仮想キーボードに対応
  • UTF8 文字列エンコーディングを使用した多言語対応
  • 柔軟なメモリの使用
  • サイズは自動的に変更可能(スケーリング)
  • 実装しやすい「GUIX」ディスプレイドライバー
  • 内蔵のパーフォーマンス統計機能
注)対応するプロセッサ、開発ツールは、常時追加更新されています。
詳しくは弊社営業までお問い合わせください。

弊社製品・事業に関するお問い合わせ、開発のご依頼、お見積りなどはお気軽にお問い合わせください。
TEL:045-222-3761  MAIL:メールアドレス:セールス@info.grape.co.jp お問い合わせフォームはこちら

GUI画面デザイン環境 GUIX StudioGUIX Studio

概要

「GUIX Studio」 は、開発者がUI画面の作成に使うグラフィックをドラッグ&ドロップで開発できる、完全なWYSIWYG画面のデザイン環境を提供します。GUIXライブラリと互換で、すぐにコンパイルしてターゲットボードで動作させることのできるCコードを自動的に生成します。

開発者は、統合された「GUIX Studio」 フォント生成ツールを使って、アプリケーション内で使用するレンダー済みフォントを生成することができます。フォントは、モノクロかアンチエリアス形式で生成することができ、ターゲットボード上で最適化されています。他国語アプリケーションのUnicode文字も含め、どんな文字も含むことができます。

「GUIX Studio」 は、ターゲットシステムで使用するPNGやJPGファイルをGUIX Pixelmapsにより簡単に取り込めます。多くのGUIXのウィジェットタイプは、カスタマイズされるルックアンドフィールのユーザグラフィックが埋め込まれるよう設計されています。加えて「GUIX Studio」では、ウィジェットが使う初期の色と描画スタイルのカスタマイズが可能で、開発者は簡単にGUIXの概観をチューニングすることができます。

 

「GUIX Studio」に組み込まれたもうひとつの便利な機能が、アプリケーション文字列の生成とメンテナンスです。開発者は、まず一言語を使用してアプリを設計してから、製品のリリース後に他の言語すばやく簡単に追加し、対応させることができます。

 

「GUIX」アプリケーションは、PC上のGUIX Studio環境で実行することができ、UIの概念に基づく簡単な生成とデモを可能にし、スクリーンフローのテストやスクリーン遷移や制作の観察を可能にします。UIが完了すると、そのデザインはターゲット用のCデータ構造体として書き出すことができ、GUIXやThreadXライブラリと一緒にすぐにコンパイルしリンクすることができます。

GUIXとGUIX Studioは複数のリソーステーマに対応しており、アプリケーションは実行時に簡単に修繕することができます。フォントや色、ピクセルマップは、実行時にひとつの簡単なAPIで変更することができます。

評価版ダウンロード

評価版ダウンロード

弊社では、Windows®上で評価できる「GUIX」の評価版をご用意しております。評価版をご希望の方は、右のCDの図をクリックしてダウンロードページにお進みください。

 

評価版ダウンロードページはこちら

 

弊社製品・事業に関するお問い合わせ、開発のご依頼、お見積りなどはお気軽にお問い合わせください。
TEL:045-222-3761  MAIL:メールアドレス:セールス@info.grape.co.jp お問い合わせフォームはこちら

※製品の仕様は予告なく変更する場合があります。
※製品名は各メーカーの商標または登録商標です。