組み込み・プリント・通信ネットワーク・製品販売・受託開発の株式会社グレープシステム|横浜・盛岡・大阪

株式会社グレープシステム

病院向けRTLS

病院向けRTLS(所在検知システム)

RTLSプラットフォームとその機材

Sonitor IPS

Sonitor IPSは超音波技術を用いたRTLSです。

概要
Sonitor IPSは超音波を用いたRTLS(リアルタイムロケーションシステム)です。Sonitor IPSは、広くて複雑な病院フロアでも、医療機器・医療スタッフ・患者の所在を部屋単位あるいはエリア単位で検知します。
クライアントソフトウェアは、カスタマイズ対応可能なWEBアプリケーション「MELOC」を使用します。
Sonitor IPSは超音波技術を用いたRTLSです。

所在検知用の小型タグが対象となる物や人に取付けられます。物や人が検知エリア内で動くと、タグは一定の時間間隔で超音波ID信号を送信します。
室内あるいは特定の検知エリアに設置されたレシーバーがタグから送信された ID信号を受信します。レシーバーで受信されたID信号は、Sonitor社の特許技術であるDSP(デジタル信号処理)アルゴリズムによってデジタル信号に変換され既設の有線あるいは無線LAN経由でサーバーに送られ、タグの所在と時間情報が保存されます。
Sonitor IPSの情報は全て、病院内の汎用あるいは専用コンピュータ・PDAや同等の小型端末装置でアクセスでき、更に既存のアプリケーションソフトウェアやソリューションパートナーのシステムと組み合わせて、独自の所在検知システムを構成することが可能です。

Sonitor IPS

高精度の所在検知を実現します。
超音波は壁を透過しません。そのため、Sonitor IPS は部屋単位での所在検知が可能です。
更に、特定のエリアを設けて、ベッド単位や通路での所在検知も容易に行えます。
干渉の影響がありません。
超音波は電子機器に干渉しません。そのため、Sonitor IPSは医療機器に影響を与えることは全くありません。
信号強度の調整が不要です。
電波を用いたRTLSは干渉を補正するために信号強度の調整が必要ですが、超音波を用いたSonitor IPSは不要です。
ネットワーク適応性に優れています。
Sonitor IPSの所在検知技術は非常にシンプルで、出力されるデータ量は極僅かです。
そのため、既設のネットワークを利用しても病院業務に必要な通信帯域が制限されません。
投資回収効果に優れています。
Sonitor IPSは所在情報を的確に提供できる信頼性に優れたシステムです。
Sonitor IPSを病院業務の自動化に活用すれば最大限の投資回収効果が期待できます。
超音波vs 電波方式

超音波RTLSは、所在検知精度で電波を用いたシステムよりも優れています。

超音波方式

超音波

超音波方式のRTLSは部屋単位の所在検知
超音波は本質的に構造建築材料を透過しません。
この超音波の性質によって、部屋単位での所在検知が保証されます。
また超音波は、法的な規制を受けることもありません。

電波方式

電波

電波方式のRTLSは球形エリア単位の所在検知
電波は窓、壁、床や天井等、ほとんどの構造建築材料を透過・拡散します。
そのため、RFIDやWi-Fi等の電波を用いたRTLSは広範囲のエリアでの所在検知は可能ですが、複雑な建物の中での正確な所在検知は困難です。

Sonitor IPS 機器
超音波タグ
超音波通信範囲:10m(Max.20m)/ 超音波周波数:35 ~ 45KHz

E-タグ(機器用タグ)

送信レート 10秒または30秒
送信回数 約60万回
電源 二酸化マンガンリチウム電池
寸法 57.7(L) × 32.9(W) × 19.5(H)mm
重量 28g
※モーションセンサー内蔵

E-タグ(機器用タグ)

S-タグ(スタッフ用タグ)

送信レート 3、5、10秒または15秒
送信回数 約90万回
電源 二酸化マンガンリチウム電池
寸法 63.4(L) × 34.0(W) × 15.9(H)mm
重量 26.5g
※モーションセンサー内蔵

S-タグ(スタッフ用タグ)

P-タグ(患者用タグ)

送信レート 10秒
送信回数 約12万回
電源 アルカリボタン電池
寸法 シェル直径29.2 × 13.8(H)mm
重量 12.4g(タグ本体含む)
※使い捨てシェル(洗浄、消毒不要)
※標準リストバンドに装着可

P-タグ(患者用タグ)

レシーバー/ ゲートウェイ
通信規格:IEEE802.15.4 2.4GHz ISM

レシーバー/ ゲートウェイ

■ ワイヤレスレシーバー
タグからの超音波 ID 信号を受信

電源 電池または電源アダプター
寸法 171(L) × 124(W) × 44(H)mm
重量 350g(電池含む)

■ HDR ゲートウェイ

  • ・ ワイヤレスレシーバー用ゲートウェイ機能を備えたレシーバー
  • ・ 1台でワイヤレスレシーバーを 64 台までサポート
電源 電源アダプター
寸法 171(L) × 124(W) × 44(H)mm
重量 210g
ソフトウェア
IPS サーバーソフトウェア
レシーバーと交信し、所在検知データを保存
(ユーザー独自のアプリケーションプログラムとのインターフェイスが容易)
 ※ 適用OS:Windows® XP, Vista, 7
システム構成

システム構成

Sonitor IPSの用途と効果
医療機器・設備の所在管理
  • 医療機器を探す時間が省けます。
  • 運用状態が把握でき、購入やレンタルによって生じる余分な経営コストを削減できます。
  • 適切なメンテナンス管理が行えます
医療スタッフの所在管理
  • 医療スタッフ同士が探し回る時間が節約でき、その分、医療業務に集中できます。
  • 医療スタッフの動きを把握し、業務フローや生産性の改善に向けた解析が行えます。
  • 結果として、医療の質の向上が図れます。
患者の所在管理
  • 患者の動きを捉えることによって、安全で効率的なレイアウト改善に向けた解析が行えます。
  • 患者の処置数や時間など、業務フローや生産性の改善に必要な情報が得られます。
  • 薬投与量や患者の容体などの経過と位置情報が記録でき、医療の質の向上に役立ちます。
セキュリティの強化
  • 人や物の動きを検知して、入退室管理や通報を行うことが可能です。

※製品の仕様は予告なく変更する場合があります。
※製品名は各メーカーの商標または登録商標です。

弊社製品・事業に関するお問い合わせ、開発のご依頼、お見積りなどはお気軽にお問い合わせください。
TEL:045-222-3761  MAIL:メールアドレス:セールス@info.grape.co.jp お問い合わせフォームはこちら