(株)グレープシステム ホームページ

トップ > 製品情報 > 通信ネットワーク関連 > プロトコル・セキュリティ > 暗号化プロトコル

暗号化プロトコル

Fusion IPsec・IKE

Fusion IPsec は Fusion NET TCP/IP スタック用の単純な追加であり、Fusion NET が動作しているシステムに暗号化され、認証された通信の使用を可能にします。

Fusion IKEは、他のネットワークノードと関連するIPsec セキュリティを自動的に使うことのできるプロトコルです。

カタログ ダウンロード

Fusion IPsec・IKE対応する規格

■ RFC準拠
1321、1829、1853、2401、2402、2403、2404、2405、2406、2410、2451、36021321、1829
■ IKE v1
RFC 2407、2408、2409 準拠のIKE プロトコルの実装
Fusion IPsec とのシームレスに統合し完全なIPsec ソリュー ション
パーフォーマンスが良くフットプリントが小さい
認証:MD5、SHA1
暗号化:DES、3DES、AES128、Blowfish
Perfect-Forward Secrecy
柔軟な実行時のISAKMP
複数のプロポーザル・スィートのサポートを含むとIPsecポリシー設定オプション
メインモードの IKE SA の確立
MODP(Oakley)グループ1と2
IKE プロトコルv2 へのアップグレード
■ IKE v2
RFC 4306 準拠のIKE プロトコルの実装
パーフォーマンス、セキュリティ、信頼性を更にアップ
ISAKMP、IKE、インターネットDOI、NATトラバーサル、レガシー認証、リモートアドレスの入手などのレガシーなIKE v1
Extensible Authentication Protoco(l EAP)

特長

機能

Fusion IPsec

Fusion IPsec では、以下のような機能をご提供いたします。


Fusion IKE

Fusion IKE は、Internet Security Association と、Key Management Protocol (ISAKMP)で定義されたフレームワークを使って、ISAKMP SA とIPsec SA とともに使用する認証されたキーマテリアルを入手するための Oakley Key Determination Protocol (RFC 2412) と、SKEME (インターネット用の多彩でセキュアな Key Exchange Mechanism ) からの、Key 交換の概念を使うハイブリッドのプロトコルです。

Fusion のIKE プロトコル実装は、パーフォーマンスが高く、スケーラブルで、ポータブルな、RFC2407, 2408, 2409準拠のIKE プロトコルを実装するエンジンです。 コードは、また、標準トラックRFCになると、IKE のバージョン2 もサポートしています。

カタログ ダウンロード

お問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

ページのトップへ戻る