組み込み・プリント・通信ネットワーク・製品販売・受託開発の株式会社グレープシステム|横浜・盛岡・大阪

株式会社グレープシステム

バーコード関連

「 見えない」情報埋め込みコード

Screen Code スクリーンコードScreenCode カタログダウンロード

印刷物に影響を与えずに情報を埋め込めるコード

概要

スクリーンコードは印刷スクリーンの特性を活かし、紙面のデザインに影響を与えず、情報を埋め込むことができる情報の記録、埋め込み技術です。

「見えないドット」を紙面に印刷することによって、「見えない」コードを印刷物に埋め込みます。
絵柄のないところでも、また紙面のデザインの上からでも、最小面積2mmから、コードを埋め込むことができます。

【他コードとの比較】女性の顔のほほに情報を入れた場合のイメージ

印刷物にほぼ影響なく情報を入れることができます。

特長
汎用性
目に見えにくいコードのため、バーコードやQRコードのように デザインへの影響が少なく、従来のままの見た目で機能を 付加することが可能です。
簡単・低コスト
印刷時に特別な機材や複雑な工程を必要としないため、システムの導入コストや印刷物の追加コストなどが低く抑えられます。
セキュリティ・偽造防止
目に見えにくいコードのため、アプリや音声ペンでの読み取りによる 情報トラッキングや真贋判定と言ったセキュリティ対策にも有効です。
用途
印刷物に付加価値を!!
印刷物に入れたスクリーンコードを、音声ペンやスマホ、PC/複合機で読み込むことで連動した任意のコンテンツ(音声・動画・Webなど)にアクセスさせたり、コード情報を使った偽造防止や情報トラッキングと言ったセキュリティ印刷、データの自動入力による業務改善など、様々な業務への応用が可能となっております。
主な用途
  • 印刷/複写セキュリティ対策
  • 真贋判定(セキュリティ強化)
  • 学習教材用(音声ペンを併用した英語教材等)
  • バーコード、QRコードが利用できない業務システムでの活用
セキュリティ印刷の例:情報トラッキング
トラッキング情報を入れたスクリーンコードを付加して印刷。
PDF化したファイルを専用のリーダー(PCアプリ等)で読み取ることで、いつ誰がどこで印刷したかなど、印刷物(紙媒体)からのトラッキングが可能になります。

業務改善の例:受発注システムのデータ自動入力
文書内容の電子データがスクリーンコードにてPDFの中に埋め込まれ、 書類のやり取りの際の文書内容を再入力する手間がなくなります。また、自動入力により人的ミスもなくなり、業務改善に貢献します。

※製品の仕様は予告なく変更する場合があります。
※Windows、Windows Vistaは米国マイクロソフト社の商標です。

弊社製品・事業に関するお問い合わせ、開発のご依頼、お見積りなどはお気軽にお問い合わせください。
TEL:045-222-3761  MAIL:メールアドレス:セールス@info.grape.co.jp お問い合わせフォームはこちら